新生『浜松北ボーイズ』発足

2016年4月、高校野球指導歴30年、甲子園出場4回の経験豊富な内山秀利氏を監督として迎え、リニューアルスタートしました。

 

県西部から甲子園出場できる選手の育成

 監督の内山です。近年、県立高校で西部地区から甲子園出場したのは、平成21年の掛川西高校が最後で、以降は、中東部の学校が出場しています。高校野球監督リタイア後、県高野連の理事として、毎年、春・夏の高校野球大会では、球場に足を運び、運営の裏方としてお手伝いすると同時に、冷静な心持で野球観戦をしています。残念ながら、現在の西部地区には、甲子園出場出来そうな高校は有りません。

 再び、浜工や浜商など、かつては、甲子園常連組の復活をお手伝いできるような、中学生レベルの強化育成に、微力ながら、お手伝いいたします。

 高校野球の抱える課題は理解しているつもりです。一人でも多く、県西部から甲子園で活躍出来る選手育成を輩出すべく、指導してまいりますので、是非とも、お子様を当クラブの一員として入団させてください。お願いします。

 

育成方針

押しつけの指導は行いません。一人ひとりが主体的に練習に取り組むことが出来るように、選手、親とのコミュニケーションを図りながら、モチベーションを高める指導を心がけます。

 

当クラブは浜松工業高校を、過去4回甲子園に導いた内山秀利氏を監督として迎え、監督自らが信頼できるコーチを選任、全く新しい指導者の元でジュニアの育成強化に臨みます。

 

   内山監督は、高校野球の指導歴30年の中で、培った実践的野球理論を中学生に伝授する機会は、県西部で初の試みです。近年、それも西部地区からの甲子園出場が果たせていません。

 

 現在、天竜高校春野校舎があるグラウンドで試合形式の練習も行っています。

 

・浜松工業高校 (1994年・1997年 全国高校野球出場)

・浜松工業高校 (1996年・1997年 選抜大会出場)